2021年1月号

「商売をしないオープンスペース」が企業の強みになる理由

ゲスト:大木和典(mui Lab Co-Founder / CEO)森口明子(Global Marketing and Design Strategy)

京都・夷川通りを拠点に、デジタルサービスやデバイスを開発するmui Lab(ムイラボ)。

作業資材やデバイスの生産を行うNISSHAの社内ベンチャーとして誕生し、独立した企業だ。mui Labは2020年7月31日から10月17日までの2ヶ月間半、自社スペースを「夷川サローネ」と名付け、地域に開放した。オンライン優勢の時代、公共的な場所の運営が小さな企業と街に何をもたらすのか、代表の大木和典さんと森口明子さんに話を伺った。

関連リンク

​​掲載内容一覧